箱根温泉ガイド TOP → 箱根温泉の概要 箱根温泉の歴史

箱根温泉の歴史

昔は温泉地のことを湯場(ゆば)と呼んでいました。箱根温泉の開湯開湯は、奈良時代の天平10年738年、釈浄定坊が発見した『惣湯』に始まり、この源泉は現在も使用されています。箱根温泉が知られるようになったのは、豊臣秀吉の小田原征伐がきっかけでした。広大な小田原城を攻めるため、全国の武士を集め長期滞陣しましたが、その無聊を慰めるために温泉に入ったと言われています。

箱根温泉は、箱根山一帯に存在する諸温泉の総称で、江戸時代から明治中期にかけては湯本・塔之沢・宮ノ下・堂ヶ島・底倉・木賀・芦ノ湯がいわゆる「箱根七湯」と呼ばれていました。後に、これに大平台・小涌谷・強羅・宮城野・二ノ平・仙石原・姥子・湯ノ花沢・蛸川・芦ノ湖を加えて、「箱根十七湯」と呼んでいます。

江戸時代後期には民の間に湯治を兼ねた旅行がブームになり、各地の湯場は客寄せのために温泉の効能を盛んに宣伝するようになりました。箱根は特に江戸の庶民に人気が高く、大山詣でを口実にしたツアーグループが湯めぐりなどに訪れたと言われています。

箱根の湯治は本来、一回り七日を三回りするというのが原則ですが、江戸っ子は次第に一回りで済ますようになり、その後、1夜泊まりが当たり前になってしまいました。湯本は街道沿いで便利だったため人気で、十数件の湯宿が立ち並んでいました。現在の行楽温泉地という箱根の素地は、この頃からあったと言えるでしょう。

湯本は最初の温泉で、1200年前の奈良時代からになります。江戸時代には有名な湯浴場として、伊勢や富士、大山詣りの講中の泊り客で賑わい、今でも多くの方が訪れています。

箱根温泉の概要


ポスターを印刷する
大判とかデジカメプリントならディプリーズ楽天市場店で!

札幌 調律
http://www.piano-inoue.com/