箱根温泉ガイド TOP → 箱根十七湯 仙石原温泉

仙石原温泉

仙石原温泉は、広い草原に開けた温泉リゾートです。江戸時代中期に発祥し、元湯場・俵石・仙石・下湯・上湯の5つの温泉の総称になります。温泉利用は元文元年(1736)、大涌谷からの引湯に始まり、現在も大涌谷(硫黄泉=白濁湯)と姥子(透明湯)の引湯を集中管理して各旅館・ホテルに供給しています。

湿原だった仙石原には温泉が出なかったので、江戸時代中期頃から大涌谷から引き湯が試みられることになりました。本格的に温泉が利用されたのは、明治時代になってからだと言われています。その後、昭和には別荘地として発展していきました。

現在は、若い女性には特に人気のリゾート地へと発展しています。旅館、ホテル、企業の保養所などがたくさんある上に、「箱根ガラスの森」「ポーラ美術館」「箱根ラリック美術館」「星の王子さまミュージアム」など美術館もたくさんあります。

仙石原は足柄山の金太郎で有名な、金時山の南麓に広がる標高700M付近に広がる高原です。秋には一面すすき草原となり、箱根の代表的景観を作っているなどでも有名な地域で、仙石原温泉は箱根の一番北にある温泉地です。泉質は硫酸塩泉で、関節痛や高血圧、皮膚病などに効果があります。

大正から昭和にかけて欧米型の避暑地として開発されたという歴史があり、他の地区に比べて自然がよく保存されているというのも仙石原の特徴と言えるでしょう。箱根湿生花園などに咲く湿原の花々や、ススキ草原の眺めもとてもキレイです。

箱根十七湯


那須 ペットと泊まれる宿
那須でペットと泊まれる宿なら那須の本格的な英国カントリー風の宿【ラピステ】で!

ポスターを印刷する
http://www.rakuten.ne.jp/gold/dpris/

マーロックス
マーロックスなら医療関係者向けの製品情報サイトで!