箱根温泉ガイド TOP → 箱根七湯 箱根湯本温泉

箱根湯本温泉

箱根湯本温泉は、塔ノ沢、宮ノ下、強羅と続く箱根温泉郷の玄関口で、その名の通り最初の温泉になります。大湧谷や芦ノ湖、仙石原など箱根観光の拠点となる温泉地になりますのでその歴史は古く、箱根七湯の一つとして江戸時代から湯治場として栄えてきました。その後も東京の奥座敷として多くの人々に親しまれ愛され続けて、現在でも1年を通じて賑わっています。

温泉街から須雲川に沿って、箱根旧街道を進んだ山間の地区は、奥湯本温泉と呼ばれています。箱根で1番大きい温泉街になりますので、共同浴場なども多いです。泉質は単純泉・アルカリ性単純泉、30〜80℃、神経痛・関節痛・冷え性に効果があります。

駅前には土産店がたくさん並んでいて、早川と須雲川の2つの川沿いに温泉街があり、重要文化財級の老舗旅館から純和風旅館、大型リゾートホテルなど、趣の違う旅が楽しめます。東京から1時間半と、車・電車共にアクセスの良い人気温泉地で、日帰り温泉施設も多いです。温泉宿も団体向け、リゾートタイプ、など様々なタイプの温泉宿がありますので、好みに合わせて選ぶことが出来ます。手軽に何度も行きたい温泉です。

温泉だけでなく、周辺には博物館や植物園などもあります。ベゴニア、洋らんなど600種類、1万もの花が咲く箱根ベゴニア園などもお勧めですし、戦国時代の大名、北条早雲など北条五代の菩提寺である早雲寺なども近くにありますので、箱根湯本温泉に行かれた際は是非訪れてみましょう。

箱根七湯


アピドラ 添付文書
アピドラの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

不用品回収を岐阜
不用品回収を岐阜でならまごころ便利屋スマイルで!

社章作成
http://www.pokers.jp/cb/cb.htm