箱根温泉ガイド TOP → 箱根七湯 底倉温泉

底倉温泉

底倉温泉は、江戸時代から七湯の一つに数えられてきた温泉です。蛇骨渓谷に位置する岩盤より湧き出る温泉で、渓谷の景色も楽しみながら、ゆっくり過ごすのに適しています。

宮ノ下・富士屋ホテルの角から国道1号線と国道138号線に分かれていますが、138号線に向かって1分ほど歩くと蛇骨川の深い谷にかかる八千代橋が見えてくるでしょう。その八千代橋手前から蛇骨川に沿った地域が底倉温泉です。

底倉温泉は明治14年と26年に家事にあったと言われており、文化8年に作られた箱根の案内書「七湯の枝折」に描かれている蔦屋、梅屋は残念ながら焼失してしまいましたが、現在のそこくらの湯つたやは蔦屋が前身で、隣にある仙石屋も七湯に描かれている老舗旅館の1つになります。この温泉には、豊臣秀吉が小田原攻めの際、将兵を労うため造ったと言われる太閤石風呂があります。

つたやの前を過ぎると、谷底に注連縄が張られた「太閤石風呂跡」が見えます。天正18年に豊臣秀吉は天下統一を目論んで小田原攻めを行なったとされていますが、秀吉軍の将兵たちが疲れを癒したのがこの石風呂だったのです。石風呂には今は入ることが出来ませんので注意してください。

明治期には、外国人が宮ノ下を好むのに対して、日本人に好まれる温泉として栄えてきました。大正になると、現在の位置より少し上流のところに鉄橋の八千代橋が出来ます。そして昭和になってから、今の位置よりも新しいところに橋がかけられるようになり、交通アクセスがさらに便利になりました。

底倉温泉はあまり大きな温泉ではありませんが、周りに見える山々では四季折々花や紅葉で美しく染まって、景色もとても美しい秘境の雰囲気がある温泉です。底倉温泉はナトリウム・塩化物泉、神経痛・関節痛・冷え性に効果があると言われています。

箱根七湯


立川や八王子でのペット火葬犬猫などペットの葬儀を東京でお探しなら
こちらのエンジェルロードさんへ 北欧家具http://www.lewis-meguro.com/