箱根温泉ガイド TOP → 温泉について 温泉の定義

温泉の定義

様々な成分を含む温泉ですが、温泉として認められるには定められた基準があります。お湯がひかれていれば全て温泉というわけではありません。日本では、「地中から湧出する温水、鉱水、および水蒸気、その他のガスで、温泉源での温度が25℃以上のものか鉱水1Kg中に定められた量以上の物質が含まれているもの(温泉法)」と定められ、地下水が火山起源の熱で熱せられたものが多くあります。

水1Kg中に定められた量というのは、リチウムイオン、イオンなどの決められた19特定の成分のことです。では、以下に19の特定成分を紹介します。

◆溶存物質(1000ミリグラム以上)
◆遊離炭酸(250ミリグラム以上 )
◆リチウムイオン(1ミリグラム以上 )
◆ストロンチウムイオン(10ミリグラム以上 )
◆バリウムイオン(5ミリグラム以上 )
◆ヒドロひ酸イオン(1.3ミリグラム以上 )
◆メタ亜ひ酸イオン(1ミリグラム以上 )
◆総硫黄(1ミリグラム以上)
◆メタほう酸(5ミリグラム以上 )
◆メタけい酸(50ミリグラム以上 )
◆重炭酸そうだ(340ミリグラム以上 )
◆ラドン(20以上 )
◆ラジウム塩(1億分の1ミリグラム以上 )
◆フェロ又はフェリイオン(10ミリグラム以上)
◆第一マンガンイオン(10ミリグラム以上)
◆水素イオン(1ミリグラム以上)
◆臭素イオン(5ミリグラム以上 )
◆沃素イオン(1ミリグラム以上 )
◆ふっ素イオン(2ミリグラム以上 )

25℃以上で少なくとも19の特定成分が1つでも規定値に達していれば、そのお湯は温泉であるということになります。

温泉について